プラセンタサプリで人気の商品を教えてください

プラセンタサプリは最強の善玉菌を5兆個も含んで抗がん剤に匹敵するほどの効果を実証しています。

 

腸内環境を改善すると免疫力が高まりますが、1兆個以上の乳酸菌を取ることが重要です。

 

末期の肺がんとすい臓がんを患いながらもプラセンタを飲んで闘病した患者さんがいました。

 

2人に共通しているのは、腸内環境の改善が免疫力の増強に役立ったということです。

 

腸内環境が改善されたことで「腸管免疫」という免疫システムの力を最大限に引き出していたのです。

 

それではこれから、免疫力のかなめとも言える私たちの腸のことについて、くわしくお話していくこととしましょう。

 

私たちの腸内に、いったいどのくらいの細菌が住み着いているかご存知でしょうか?

 

その数は100兆個、種類は500種類もの腸内細菌がすみついています。

 

人間の細胞の数は、およそ60兆個ですから、腸内細菌の数がいかに膨大化をご想像頂けるのではないでしょうか。

 

腸内細菌は、乳酸菌などの「善玉菌」や、ウェルシュ菌などの「悪玉菌」、善玉菌と悪玉菌のどちらにも属さない「日和見菌(ひよりみきん)」に分けられます。

 

比率は通常、善玉菌と悪玉菌が15パーセントずつ、日和見菌が70パーセント程度です。

 

善玉菌は、ビタミンやタンパク質の合成、消化・吸収の手助けなど、健康の保持や促進に役立つ働きをしています。

 

いっぽうの悪玉菌は、アンモニアやインドールなど、人間の体に悪影響を与える毒素を作り出しています。

 

腸から吸収された毒素は、高血圧や動脈硬化の引き金となる場合もあるので、注意が必要です。

 

善玉菌と悪玉菌は、腸の中で毎日勢力争いを続けています。

 

善玉菌と悪玉菌の戦いの勝ち負けを決定づけているのは日和見菌です。

 

文字どおり、日和見菌には善玉菌と悪玉菌のうち、現時点で数が多く力のある菌に加勢する性質があります。

 

プラセンタサプリによって善玉菌が増えて腸内環境が改善すると、「腸管免疫」という強力な免疫システムの力が最大限に発揮されます。

 

象徴には全身の免疫細胞の7割が集まっている「パイエル板」と呼ばれるリンパ組織の集合体があります。

 

腸内環境と免疫細胞の働きの関係はすべては解明されていませんが、善玉菌が増えることで腸内免疫が強くなることが明らかになっているのです。

 

眠っていた腸管免疫の働きが活発になれば、有害な細菌、ウイルスに勝つことができます。

 

がんも例外ではないのです。

 

腸内環境改善のカギを握る乳酸菌。

 

ただし、乳酸菌を摂るさいに注視してい欲しいのが、その「量」と「質」についてです。

 

まず「量」についてですが、市販されている乳酸菌食品は乳酸菌の含有量が多いもので100ミリリットルあたり10億個程度。

 

医薬品の乳酸菌製剤でも1グラム当たり100億個ほどです。

 

この程度では、腸内環境の改善は期待できません。

 

腸内環境のすみやかな改善には、少なくとも1日1兆個以上の乳酸菌が必要ではないかと言われているのです。

 

プラセンタサプリは免疫力増強作用が最も強く、加熱処理すると抗がん力は3倍にもなります。

 

1日1兆個以上の摂取が必要な乳酸菌ですが、量だけでなく質についても気をつけてもらいたい事があります。

 

ひとくちに乳酸菌といっても、筋腫によって持っている免疫力の増強作用が異なるからです。

 

もっとも優れた免疫力増強作用を持っている乳酸菌は、「エンテロコッカス・フェリカスFK-23」です。

 

その効果は、加熱処理によって3倍に高まることも証明されています。

 

わたしはこのプラセンタサプリが持つすぐれた免疫力増強作用をがん治療に応用できるのではないかと考えているのです。

 

すでにマウスを使った実験では、ガンを移植したマウスにプラセンタを摂取させてがんが消えていく様子を実証できているのです。